柿渋と口臭予防の食べ物

口臭予防の食品とは?柿渋以外の口臭予防の食べ物

柿渋のカキタンニンは口臭を吸着することで臭いを抑えます。
カキタンニンはそれ以外にも殺菌作用があり口臭の原因であるガスを発生する菌の繁殖を抑えるとも言われています。

 

実は柿渋以外にも口臭などにニオイを吸着する食べ物は幾つかあります。
口臭を吸着して臭いを抑えるタイプ、そして口臭の原因を改善して口臭を抑えるタイプなど様々なものがあります。

 

また口臭を清涼感などで治したり、唾液の分泌を促すことで口臭をニオイにくくする食べ物もあります。
まず一つがパセリです。
パセリは清涼感があり、焼き肉などで発生する臭いを爽やかなニオイに変えてくれる特性があります。

 

肉料理を食べたあとは口臭が出やすいので胃の中でガスが発生します。
それらのニオイを抑えるとしてパセリは有効とされています。

 

また体の中から口臭を改善するという食品もあります。
例えば代表的なものがヨーグルトです。

 

ヨーグルトにはご存知のとおり善玉菌が含まれており、これらが腸内の環境を整えることで腸内で口臭の原因となるスカトールや硫化水素などのニオイ物質を出す菌を抑える効果があるとされています。

 

またあまり知られていませんがヨーグルトで歯磨きすると歯周病の改善ができるとされており、最近一部の人の間でもヨーグルトで歯磨きして口臭を予防するというのが流行っています。

 

また毒があるために一般的には出回らないのですが、なた豆歯磨きに使用されるなた豆も口臭の原因である歯の周辺部分の歯周病菌を改善するとされてこれらも口臭対策ができる食べ物とされています。

 

口臭を抑えるにはいろいろな方法があり、その場の口臭を抑えるタイプと(パセリ、柿渋)などと、口臭の原因そのものを改善するとされる食べ物(ヨーグルト、なた豆)などがあるので、自分の口臭を改善する場合どのような方法がいいのかなどを検討しながら行うといいですね。